バスケ初心者の練習法解説ブログ 短期間で上達するコツとは?

バスケ初心者でも短期間で上達する練習方法のコツについて解説しているブログです。ドリブル・パス・シュートの技やトレーニングメニューなど。

バスケ上達練習方法はこちら

↑↑バスケが上達したい人はこちらをクリック♪↑↑

距離とスピードを付けたボールミートを

バスケットボールはご存知の通りハビットスポーツと言われ、 生活習慣のように練習でも習慣となっている事しかできない、 そんな球技だと言われています。


細かい基本的な動作の繰り返しが強いチームを作るのですが、 私が20年以上バスケットに関わってきて、 強いチームになるために絶対必要な練習メニューとして、 ボールミートの習得があります。


ボールを受ける瞬間にどれだけ動く事ができるか?


そのミートした分だけ相手との距離を取って、 余裕を持って次のプレーに移る事ができますし、 シュートもパスもまたミートだけで相手を振り切ってくる事ができる、 努力次第で身につけられる基本動作です。


このボールミートは常に意識をしていないと身に付きません。


また、スピードあるボールミートを行わないと、 相手を振り切ったプレーに繋がりません。


そんなボールミートを確実に身につける練習メニューとして、 サークルを使った練習メニューがあります。


大学の時に必ず毎日行っていたのですが、 二人一組となり、1人はサークルの真ん中でボールを持ち、 もう1人がサークルの外側で踏切り、 ボールを掴んで反対側のサークルラインに着地をする。


助走を付けないとサークルを飛び越えることができないのと、 スピードを付けたままボールを掴みに行く動作、 この両方が身に付く練習メニューです。


強いチームほどボールミートの動作が大きいので、 有利に試合を運ぶ上でもボールミートは大切にして頂きたいと思います。


なお、バスケの上達練習について詳しく知りたいなら、この動画を参考にしてみてください。


          ↓   ↓   ↓ 


誰よりも早く上手くなりたい人に送る一人でもできるバスケットボール上達法



バスケットの全てを意識すること

 バスケットボールの経験者やもしくはまったく初心者なものであってもバスケットのことについてどれぐらい知ってるかと言えばルール以外の事はあまり知られていないのかもしれません。


バスケットは単純明快です。


ドリブルしてボールをゴールに運べばいいだけなのです。


後は少しばかりの反則やルールを把握しておけばいとも簡単にゲームまで参加できるのです。


 ではバスケットボールの練習方法としてどのようなものがあるのでしょうか。


ドリブル練習でしょうか、それともゴールのシュートをする練習でしょうか、さらには相手と1対1になった時のフェイントの練習でしょうか。


 そうではありません。


いちばん基本的な事は何かといえばバスケットの全てを意識することなのです。


バスケットボールの大きさは一体どれぐらいなのか、ゴールの幅がどれぐらいなのか、ゴールの端から端まで何歩で行くことができるだろうか、など本来のバスケットとは関係ない事かもしれませんがそういった基本中の基本のとこからすべてが始まるのです。


それが全て把握することがバスケットの試合においてストイックなまでに集中できるのです。


プロの選手でも一流になっている人はこういった点においても一流なのです。


ですのでまずはバスケットの全てにおいて理解し意識することから始めましょう。


それが全てのトレーニングの基本となるのです。




シュートやドリブルは体で覚えこむこと。

 フリースローのシュートやスリーポイントシュート、ゴールまでのドリブルやフェイントなどすべての基本動作においていちばん大切なのは体で覚え込むことです。


試合中は意識して体を動かすのではなく無意識のうちにフェイントをしたりゴールに向かってシュートを打つはずです。


つまりそこから普段の練習の成果が出るはずなのです。


 フリースローのシュートにおいて基本的にはシュートを打つ時の姿勢なのですが、きちんと基本ができている人間は何千回何万回とシュート練習をしているはずなので体が覚え込んでいるはずです。


つまりどんなに体勢が崩れようと、仮に目をつぶってようと距離感や手の覚えた感触はそう簡単に忘れるわけではありません。


目をつぶってシュートしても必ずゴールのネットを揺らすことができるのです。


ドリブルでもフェイントでも同じことがいえますが、体で覚えたものは無駄のない自然体で動くことができます。


練習する時からこのようになるまで意識をして常日頃から練習しなければいけません。


 単に教え込まれたことをトレーニングするのではなく、自らがまるでポールと一体化するかのように体に叩き込むようなトレーニングを積むべきです。


そうすればバスケットボールは完璧に近づくでしょう!


なお、バスケのジャンプシュートの成功率を上げたいなら、こちらのユーチューブ動画をぜひ見てみてください。


【1年でインターハイ?!】金田伸夫の『古武術バスケ上達DVD教材 ミドルレンジからのジャンプシュート編』



ギャラリー
  • バスケットの全てを意識すること
  • ディフェンスに向いている姿勢について
  • フットワーク練習でボディバランスを手に入れよう!
  • ボールをうまくキャッチするためには
  • ランニングシュートを確実に決めるために
  • シュートの精度を強化するための練習とは
  • パスを確実に決めるための練習
  • シュートフォームを身につけるための練習